海の素

***海の素***

やさい村お店

[発売元]やさい村

東京都三鷹市下連雀3-6-25

体験者のみなさまより

 

「海水にがり飲んどけば—」「そうする—」

 11歳・13歳・16歳・19歳の四人の子達と、40代・50代の私達夫婦、70代・80代の親の8人家族の我が家で、時々交わされる会話です。

 誰かしらが、少し風邪気味でのどが赤く痛いとき、鼻水が垂れるとき、腰が痛いとき、疲れているときなどにこの会話になり、「海水にがり」を直接のどに一滴ポトツと垂らしてサッサと寝てしますわけです。

 年とともに歯医者さんにお世話になる機会の増えた私は、歯ぐきが浮くような腫れるような感じになるときがあり、そんな時も歯を磨いたあと直接その部分に垂らします。何とも言えない“強烈な風味”なので、最初の頃は何とか一滴と思っていたのですが、うまくその部分に命中せずに、二滴になることもしばしばでした。でも慣れとは恐ろしいもので、たとえ数滴になっても最近は家族のだれもが騒がず、当然の味として受け止めています。

 時によってはのどにポトッを2〜3日続けることもありますが、それをしておけば大体の場合翌日には、気になる症状を忘れて日常を過ごせています。こういう使い方はどこかしらに不調がある時で、普段はお米を研いだ後、一合に一滴の割合で落として炊いています。

 考えてみれば我が家で「海水にがり」を使い始めてから、もうかれこれ10年になります。それ以前に、現在19歳の長男が1歳になる前から数回、大島の塩作りワークキャンプに参加して、とても楽しい経験をさせてもらった事があります。そこで出会ったたくさんの人と一緒に、塩を作るところを見て、体験させてもらい、ここちよい風に吹かれて食べた塩むすびのなんとおいしかったこと。その感動と、海の水から塩ができるまでの苦労と工夫を知ったときの驚きが私の中にあったので、“あの塩を作る途中でできたミネラルの濃縮”というのがとても納得でき、使い始めるのにためらいはなかったように思います。

 私はもともと「何々に効く〇〇剤」とか、補助栄養材の類はあまり信用していません。何気ない日々の食事の積み重ねこそ生きる力の素として考えているからですが、この「海水にがり」だけは我が家にしっかりと定着し、時としておまじないにも精神安定剤にもなる万能薬として、台所の棚の皆が一番手の届きやすい場所に、いつも置いてあるのです。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

 「海水にがり」で妊娠できました

『ナチュラルクッキングレシピ』というマクロビオティックのお料理の本から「海水にがり」を知りました。さかのぼって10ヶ月前にお水博士の林秀光氏の著書から、水とミネラルの大切さを知り、また同じ時期に知人から玄米をすすめられて、水と玄米でスタートしました。

 結婚して12年、まだ子供がなく不妊治療を始めて1年半が過ぎていました。特に悪いところはありませんでしたが、基礎体温がとても低く、生理の周期が短いことなどが悩みでした。なぜ妊娠しないのか不思議でその原因を知りたかったのです。医者は教えてくれません。その時私は38歳でしたので、40歳までには子供を作ろうと目標を決めてがんばろうと思った矢先に、新しく紹介された病院で、原因は主人だと言われたのです。精子の数は十分あるけれど、運動率が2%でこれでは妊娠できないというのです。漢方薬を3ヶ月飲み続けたらある程度は改善するが結果はあまり期待できないとのことでした。その時、今まで食事がいけなかった、ミネラルが足りなかったと思いました。

 水と玄米だけでも主人も私も便秘が治り、体調が良くなりつつありました。それから『ナチュラルクッキングレシピ』の本を書店で見つけたのが、本当に幸運でした。何かとてもおもしろそうと思って買って帰り、すぐ始めてみました。「海水にがり」もすぐ取り寄せて頂き、玄米を炊くとき、お味噌汁に、梅醤番茶にと、1日20滴ぐらいまでを目安にたくさん使いました。マクロビオティックは戸惑いの連続だったので、個人指導をして頂きました。主人は薬と水と玄米で運動率が50%まで改善されていましたが、「海水にがり」とマクロビオティックを始めてから最終的に80%まで改善され、医師に驚かれました。普通はそこまで短期間で良くならないそうです。私の方は排毒反応が3週間くらい続き、大変つらかったのですが、それも自然におさまり、基礎体温が正常になったのには本当に驚きました。体が軽くなったのと疲れにくくなり、長年苦しんでいた生理痛もなくなり、朝起きるのがつらい低血圧も大変楽になりました。毎朝のお通じがうれしくて、主人と競争しました。

「海水にがり」、マクロビオティックってすごいと思いながら、始めてたった3ヶ月で妊娠しました。これは本当に驚き、人間の体は正直だと痛感しました。ミネラル、マクロビオティックは私にとても大切なことを教えてくれました。今までの食生活全般がまちがっていたこと、それを体自身が知ること、そして本来の健康を取り戻すこと、それを次世代に続けることなど。主人も私も病気でなかったけれど、子供ができなかった。よく分かりませんが、なにか違っていた。それが不妊症の原因なのかもしれなかったと今でも考え続けています。

 「海水にがり」、マクロビオティックに出会い、本当に良かったと思っています。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

●皆さんはじめまして。海水にがりを飲むようになってからはや7年位になります、36歳の母親であります。

 様々な情報が無限化するなかでの子育ては、右往左往しながらといった具合に月日が流れていきまして、喘息、鼻炎、アトピー性皮膚炎といったアレルギー体質の子供を持ち、子育てもさることながら、子供の疾病に関する知識は皆無に等しい状態の私でしたが、夜中井起こる激しい咳や、寝ながらにして苦しそうな鼻炎、夏場は特に厳しいアトピー性皮膚炎を目の当たりにし、「何とかしなくては」とアレルギーに関する様々な資料を読み続けていくうちに、アトピー疾患の治療方法としてのタラソテラピーの効力やミネラルの重要性に着目する機会が多々ありました。

 当時は子供がまだ幼かったことや、初めての子育てで意気込んだり、不安になったりと私自身精神的にも考えるところが多く、体調を崩しやすい時期でもありました。症状的には疲労感、胃腸の不調、風邪をひきやすいなどの症状が続く毎日でした。

 そんな折、体質の改善化を図りたいと沖縄の方から海洋深層水を取り寄せていましたが、義弟からの紹介で濃縮ミネラルである「海水にがり」を知りました。

 毎日少量ずつでしたが摂り続けていくうちに、気がついてみると私の方は切り傷の治り方が以前より早くなったり、風邪もひきにくい等といった効果がありました。

 子供の方は最初ミネラルの味になじめず、お茶などではなかなか飲むことができないので、ご飯に炊き込んだり、ジュースに入れたり、汁物に入れたりして味をごまかしながらの摂取となりmした。

 飲ませていくうちアトピー体質も徐々に軽くなり、今では気になるアレルギー的な反応がほとんどみられなくなりました。

 月日を追ううち、相乗効果が期待できる飲み方なども自分なりに知っていきました。今回はそのうちいくつかをご紹介しあす。(合わせて飲むものにアレルギーをお持ちの方はお止め下さい)

◎ジャスミンティーに・・・

 私の場合ジャスミンティー180ccに対して1〜2滴の割合で飲んでおります。頭痛披露、花粉症の時に効果がありました。鼻詰まりの時には作ったお茶を脱脂綿、ティッシュなどに浸し、患部に湿布をしたり鼻を洗ったりして使用しております。お茶は抗炎症作用があるようですが、ジャスミンティーにもかなりの抗炎症作用があるということに着目し、早速試してみました。風邪のひき始めにも効果があるようです。しかし、ジャスミンティーの着色効果は肌の色も染めやすいので、濃度を注意しながらお試し下さい。また、これらを紅茶、日本茶、白湯などに変えて飲んでみると違った効能が期待できます。

◎入浴の際、バスタブに5〜6滴・・・(ちょっとしたタラソテラピー効果を期待して)

 風邪をひいてしまうかなーと思うくらいゾクゾクしていた時に入浴したところ、とても温まりました。肌にも良いような感じがありました。

◎髪のパサツキが気になるときに・・・

 リンス後に海水にがりを2滴位入れた湯ですすぎますと髪がしなやかになります。ドライヤーのかけすぎなどによる切れ毛などにもお試し下さい。

 海水にがりはまだまだたくさんの使用方法、効果があります。これからも使用させていただき、生活を豊かにして行きたいと思っております。

 

 

(〜マクロビオティック誌より抜粋〜)

 

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)